しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 143
Y 233


【第80節】ココアは太い血管から細い血管まで若々しくする!


【要旨】1日カップ2杯のココア習慣(フラバノール約400mg摂取)は動脈を広げ、しなやかにして動脈硬化やそれに伴う脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らします。さらに、皮下の微小血管(毛細血管)も広げ、血行をよくして冷え性を改善したり、皮膚のシワや乾燥を防いで美肌をキープします。

【詳説】わが国では心疾患と脳血管疾患を合わせたCVD(CardioVascular Diseases:心血管病)で亡くなる人は、全体の23.9%となり、ほぼ4人に1人です。
 ココアに含まれるカカオポリフェノール(フラバノール)は血管の最内層(内皮細胞)で血管拡張物質の一酸化窒素(NO)を発生させ、かつ血管収縮物質のエンドセリン-1(ET-1)の発生を抑えるため、血管を広げます。
 ドイツでのCVDを有しない中年男女ボランティア100人を対象とした比較研究(Br J Nutr,2015)では、フラバノール450mg(1日ココア1杯×2回)群とプラシーボ群に分け、1ヵ月間のFMD(Flow Mediated Dilation;血流依存性血管拡張反応)、血圧、CVDへの罹患リスクや死亡リスクなどを調べました。
 その結果、フラバノール群のFMD(正常域6%以上)は右図のように1ヵ月間(28日間)で5.9%から8.2%となり、血管の拡張性が正常化しました。
 医療機関で測る外来血圧(収縮期/拡張期)は1ヵ月間で126/79mmHgから121/75mmHgとなり、収縮期で5mmHg、拡張期で4mmHg下がりました。
 血管が硬くなると心臓の拍動が伝わる速度が増すことから、動脈硬化の度合いがわかるPWV(Pulse Wave Velocity;脈波伝播速度)は1ヵ月間で7.2m/sから6.8m/sに下がり、動脈がしなやかになることがわかりました。
 さらに、悪玉(LDL)コレステロールは1ヵ月間で119mg/dlから112mg/dlに減り、善玉(HDL)コレステロールは59mg/dlから62mg/dlに増えたことから、2.0以下が好ましいLH比(LDL/HDL)も2.02から1.81に改善しました。
 そして、今後10年間のCVDへの罹患リスクが1ヵ月間で4.9%から3.9%に減り、CVDによる死亡リスクも0.5%から0.3%に減りました。
 なお、フラバノールを摂らなかったプラシーボ群では、開始前と1ヵ月後で各検査値はほとんど変化しませんでした。
 このように、普段から1日2杯程度のココアを飲む習慣はCVDのリスクがあまり高くない健常者でも将来、CVDに罹るリスクやCVDで亡くなるリスクを確実に下げます。
 次に、フラバノールは太い動脈のみならず、末梢の微小血管(毛細血管)も広げるため、皮膚血流を改善し、四肢の冷えを防いだり、左の写真の(B)と(D)のように、皮膚の凸凹を少なくして肌荒れやシワを防いでくれます。
 ドイツでの人を対象とした研究(J Nutr, 2006)では、健康で肌タイプⅡ(肌の色が白く、少し敏感肌)の女性24人を高フラバノール(326mg/日)群と低フラバノール(27mg/日)群に分け、12週間における肩甲骨部の皮膚血流の変化などを調べました。
 その結果、高フラバノール群では12週間後に皮下の微小血管(毛細血管)の血流が皮下1mmの深さのところで2倍、7-8mmの深さのところで1.4倍に増えました。
 また年を重ねるほど皮膚は薄くなってきますが、高フラバノール群では12週間後に皮膚の厚さが1.11mmから1.24mmと増し、経表皮水分蒸散量が8.7g/(h・cm2)から6.3 g/(h・cm2)に減りました。
 さらに、高フラバノール群では12週間後、皮膚のキメが細かくなり、シワも少なくなりました。
 一方、低フラバノール群では開始前と12週間後で各検査値はほとんど変化しませんでした。
 このように、ココアのフラバノール摂取は太い血管から細い血管までしなやかに若々しくするとともに、皮膚のシワや乾燥を防ぎますので、ココアは単品として最高の"血管美容飲料"といえます。
 このココアに、血管内の炎症を防いだり、血液をサラサラにする生姜を加えたら、さらに強力な血管美容飲料になりますね。