しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 142
Y 233


【お知らせ】体を芯からポカポカ温めるには加熱ショウガか、蒸しショウガを!


 平成25年12月5日(木)、TBS系列(全国25局ネット)の朝番組『はなまるマーケット』(午前8時30分~)で、「温まる&痩せる!ショウガ」が紹介されます。
 生のショウガは解熱作用によって身体を冷やすおそれがありますが、100℃以下でしっかり加熱または蒸したショウガには身体を芯(胃腸部分)から温める、いわゆる温熱効果があることや、体脂肪を分解して筋肉で消費されやすくする働き、それに最近明らかになってきたこととして、認知症(アルツハイマー病)などの神経変性疾患を防ぐ働きなどがあることを解説いたします。
 生のショウガに多く含まれるジンゲロールという成分には、殺菌効果、解熱効果、咳止め効果、吐き気止め効果、健胃効果などがあり、一般にはガリ(甘酢漬けした薄片ショウガ)や風邪予防としてよく知られています。
 しかし、ジンゲロールには末梢血管を拡張する作用と発汗作用があるため、気温が体温よりもかなり低い冬場に生のショウガを食べると、一時的に末梢血管が拡張し、一時的には身体が温まった感じになりますが、その後次第に体熱が奪われ、結果的に身体を冷やしてしまうおそれがあります。
 一方、生のショウガを100℃以下の温度で加熱したり、蒸したりすると、生のショウガに含まれる水分のほか、ジンゲロールから水分子が外れて徐々に、より辛みの強いショウガオールという成分に変わってきます。
 このショウガオールは、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を胃腸部分に産生させて心臓からの血液の拍出量を増やすとともに、腹部の血行を高めるため、身体を芯から温めます。
 また、ショウガオールは体脂肪を分解し、遊離脂肪酸という筋肉で消費されやすい形にするので、ショウガオールを摂ってからウォーキングのような有酸素運動をすると、体脂肪を効果的に減らすことができます。
 さらに、ショウガオールは脳内の慢性炎症を抑えたり、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きをよい状態に保って、認知機能の低下を防いでくれます。
 100℃以下の温度で4~5時間、加熱したり、蒸したりしたショウガは、ジンゲロールとショウガオールがほぼ1対1の割合で含まれるようになるため、殺菌効果や健胃効果のほか、冷え性改善、ダイエット効果、メタボ予防、動脈硬化予防、悪性腫瘍予防、消炎・鎮痛効果、アレルギー予防、認知症予防など、さまざまな健康効果(疾病予防効果)が期待できます。
 ただし、市販されている多くの乾燥粉末ショウガは、フリーズドライ製法(凍結させたショウガを真空状態で水分を昇華させて乾燥させる方法)か、または低温減圧乾燥製法(圧力を下げて50℃以下で乾燥させる方法)で作られており、生のショウガから水分のみを取り除いただけで、ジンゲロールから水分子H2Oが取り除かれるアルドール縮合が起こらないため、ショウガオールがほとんど増えないので、加熱ショウガ(ウルトラしょうが)や蒸しショウガのような多岐にわたる健康効果はほとんど期待できません。もちろん、身体を芯から温める効果も期待できないので、冷え性の方は特に注意が必要です。
 また、100℃をはるかに超える高温でショウガを加熱したり、蒸したりすると、まったく辛味のない成分に変わってしまうため、これも健康効果が期待できなくなってしまいます。
 なお、ジンゲロールとショウガオールの両方の効果が期待できるウルトラ蒸しショウガについては、「決定版医者いらずのウルトラ蒸しショウガレシピ」」という本で、その作り方や多数のレシピが紹介されていますので、ご興味のある方は、店頭で内容をお確かめのうえ、気に入ったらお買い求めください。