しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 142
Y 233


【第71節】花粉症の人は早めに「生姜ココア」習慣を始めましょう!


 【第31節】および【第32節】でお話ししましたように、生の生姜に多く含まれているジンゲロールは花粉症やアレルギー性鼻炎といったⅠ型アレルギーの悪の元凶である免疫グロブリンE(IgE)抗体の産生を抑えます。
 また、生の生姜を加熱ないし蒸すと増えるショウガオールはマスト細胞(肥満細胞)においてアレルギー症状を引き起こすヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質の放出を抑える働きがあります。
 つまり、生姜の二大健康成分のジンゲロール、ショウガオールとも、花粉やハウスダストなどによるⅠ型アレルギーの症状緩和に効果があります。
 これに加えて、スペインでの研究(Pharmacol Res, 2012)では、ラットにアレルゲン(OVA)を付加した際、カカオ高含有の食事(cocoa)を4週間与え続けた場合、ふつうの食事(reference)を与え続けた場合に比べて、右図のように IgE抗体の産生を大幅に抑えることが報告されています。
 IgE抗体の産生を抑えるためには、リンパ球であるヘルパーT1細胞(Th1)とヘルパーT2細胞(Th2)のバランスを、(Th1)(Th2)の状態から、(Th1)(Th2)の状態にする必要があり、それには少なくとも3週間くらいはかかります。
 カカオに多く含まれているカカオポリフェノール(フラバノール)はインターロイキン-10(IL-10)というサイトカインの産生を抑えることによって、IgE抗体をつくるように促すヘルパーT2細胞(Th2)の機能を落とし、(Th1)(Th2)の状態にもって行きます。
 なお、2種類のヘルパーT細胞のバランスを整え、IgE抗体の産生を抑えるヨーグルトとして、カルピスのL-92乳酸菌や森永乳業のビヒダスBB536などがあります。
 このように、花粉症の人は、花粉症が始まる少なくとも1ヶ月前、つまり2月頃から始まるスギによる花粉症に対してはお正月の頃から、「生姜ココア」や花粉症に効果のあるヨーグルトを摂り続けると花粉症の症状がかなり抑えられます。
 発症してしまってからでも、それなりの効果はあります。
 毎年、花粉症に悩んでいる人は是非、試してみてください。
 また、周りにそのような人がおりましたら、その人にも「生姜ココア」を教えてあげてください。