しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 143
Y 233


【第17節】健康志向の人はミルクティを止めて”しょうが紅茶”をどうぞ!


  紅茶(Black tea)には、鮮やかな橙赤色のテアフラビン(Theaflavin)と、濃い赤褐色のテアルビジン(Thearubigin)という色素のフラボノイド系ポリフェノールが多く含まれています。
  テアフラビンは緑茶に多く含まれているカテキン(タンニンともいう)が2分子重合したもの、テアルビジンはカテキンが3分子以上重合したものです。
  したがって、紅茶・中国茶(烏龍茶など)・緑茶には、類似した茶葉フラボノイドが入っており、活性酸素の除去、血中脂質の改善、抗がん作用、抗肥満作用、高血圧の改善、血糖上昇抑制作用、抗菌・抗ウイルス作用などが期待できます。
  これらの茶葉フラボノイドは、血管内皮細胞での酸化窒素合成酵素(eNOS)に作用して血管を拡張させたり、血管の炎症や血栓の形成を抑えたりして、血圧の上昇や心筋梗塞・脳卒中などの心血管病の発症リスクを下げる働きをしています。
  ところが、紅茶にミルクを入れてしまうと、この働きが弱められてしまい、紅茶のフラボノイドとしての効能が台無しになってしまいますので、私はマカイバリ茶園のダージリン紅茶に”しょうが(生姜)”の絞り汁を入れて飲んでおります。
  ドイツにあるベルリン大学カリテ病院のStangl氏らによる研究(Eur Heart J 2007;28:219-23)では、16人の女性ボランティアに、①紅茶、②スキムミルク(脱脂粉乳)10%入り紅茶、③水を、それぞれ500mlずつ飲んでもらい、①、②、③をそれぞれ飲んだ時の駆血解除後の上腕動脈の血管径が、何も飲まない時に比べ、何%変化するか(%FMD)を超音波画像で調べました。
  その結果、紅茶では血管径の増加率が4.3%でしたが、ミルク入り紅茶では0.8%、水では1.0%に過ぎませんでした。
  そこで、ラットを用いた動物実験も行ったところ、紅茶では大動脈が拡張し、血流増加が認められましたが、ミルク入り紅茶ではこのような傾向が認められず、またミルクの中のカゼイン(Casein)が、カテキンと結合してしまい、この効果を阻害していることを突き止めました。
  したがって、紅茶・中国茶・緑茶などに多い茶葉フラボノイドによる効能を期待する場合には、これらとミルクを一緒に摂らないようにすることが賢明です。
  一方、”しょうが紅茶”(Ginger back tea)は、紅茶成分が”しょうが”(体幹部のみの血行促進)では力不足の下半身や四肢末端の血行促進をはかるため、全身の血液循環を良くします。
  また、”しょうが紅茶”は”しょうが”の成分がマクロファージを活性化し、紅茶の成分がγ/δ-T細胞を活性化して、風邪やインフルエンザなどの感染症を防いだり、軽減したりする働きもあります。
  さらに、つい最近、中国の天津大学薬学部のChen氏らによる研究(J Food Sci 2009;74(6):C469-74)で、紅茶・烏龍茶・緑茶でのα-グルコシダーゼ阻害(糖質の消化・吸収を遅らせる)作用や抗酸化作用を、同一濃度の多糖体(Polysaccharides)で調べたところ、紅茶が格段に優れていることが明らかになりました。
  特定保健用食品(特保)などで、α-グルコシダーゼ阻害作用や抗酸化作用をもつ食品や飲料が数多く出回っていますが、食事に際して”しょうが紅茶”を飲めば、糖の吸収を穏やかにし、かつ中性脂肪の蓄積も防げますので、特保以上かも知れません。
  ただし、カフェインが、抽出液100mlあたり紅茶には50mg、コーヒー40mg、烏龍茶20mg、緑茶(煎茶)20mg程度入っていますので、紅茶やコーヒーを夜に摂ると寝付きが多少、悪くなるかも知れません。





【第16節】”しょうが(生姜)”は風邪やインフルエンザに効果があるのでしょうか?


  ”生しょうが”を温めると増えるショウガオール(shogaol)は消化器官を中心とした体幹部を温め、消化不良や冷え症の改善ならびに免疫力のアップなどに役立ちます。
  昔から風邪(普通感冒)やインフルエンザの引き始めに”しょうが湯”を飲むとよいといわれているのは、そのウイルスが集まりやすい上気道部の体温を高めることによって、免疫力をアップさせるとともにウイルスの活動性を弱めるためだと思います。
  ”しょうが(生姜)”には細菌やウイルスのほか、真菌(カンジダ、水虫など)や寄生虫(回虫、アニサキスなど)をも駆除する働きがありますが、ここでは抗菌効果と抗ウイルス効果のエビデンスをご紹介します。
  まずはヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)ですが、インド(カルナカタ州)の中央食品技術研究所のSiddaraju氏らによるラットを用いた実験(eCAM 2009;On-line)によると、”しょうが”の水抽出物(ジンゲロールやショウガオールなど)は、胃酸分泌反応の最終段階で働く酵素(H+,K+-ATPase)の活性を抑えて胃酸の過剰分泌を抑制し、さらにピロリ菌の増殖を抑えて胃潰瘍になりにくくする、いわゆる健胃作用があります。
  また、”生しょうが”に多いジンゲロールは歯周病の原因菌(Porphyromonas gingivalisなど)に対して抗菌作用を発揮するというデータもありますし、”生しょうが”はリステリア菌やブドウ球菌あるいは腸球菌(糞便レンサ球菌)といった細菌類に対してその増殖を抑えるため、”生しょうが”を刺身などの薬味に使えば、生臭さを消すだけでなく、その殺菌作用によって歯周病や食中毒の予防にもなります。
  お寿司にガリを添えるのも、昔からの経験的な知恵として、”しょうが”の殺菌効果が知られていたからだと思います。
  では、”しょうが(生姜)”を食べると風邪(普通感冒)やインフルエンザを予防する抗ウイルス効果もあるのでしょうか。
  富山医科薬科大学(富山大学医学部)の落合弘氏らの細胞培養実験(Am J Chin Med 2006;34(1):157-69)によれば、”生のしょうが抽出物”よりも”煮詰めたしょうが抽出物”に抗インフルエンザウイルス効果が期待できるようです。
  ”煮詰めたしょうが抽出物”は、異物として認識されるためか、免疫細胞のマクロファージを刺激し、その活性を高めることによって、ウイルスに対する免疫力(臨戦態勢)を迅速に高め、間接的にインフルエンザウイルスの増殖を抑えます。
  また、動物実験ですが、インフルエンザに感染させたマウスに水だけ与えたコントロール群では感染9日後の生存率が77%になったのに対し、”煮詰めたしょうが抽出物”(4mg/日)を与えた”しょうが群”では93%でした。
  さらに、”煮詰めたしょうが抽出物”を与えた”しょうが群”は呼吸器官から採取したウイルス量が水だけ与えた”コントロール群”の約5分の1でした。
  これらの実験より、”煮詰めたしょうが抽出物”には生体の感染防御機能を向上させ、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があると考えられます。
  その後の落合弘氏らの細胞培養実験(Am J Chin Med 2008;36(6):1171-83)で、マイタケ(Grifola frondosa)にも抗インフルエンザウイルス効果を認めています。
  まだ細胞培養や動物実験での結果ですので可能性に過ぎませんが、冬場の風邪やインフルエンザに備えて、秋から時々、”しょうが(生姜)”や”まいたけ(舞茸)”を加えたアツアツの鍋料理を食べて、免疫機能を高めておくとよいでしょう。