しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 142
Y 233


【第26節】“しょうが”は変形性関節症(OA)の痛みや強ばりを軽減します!


  最近、重労働や肥満ならびに過大な運動負荷などとの関わりで、加齢とともに、膝や股の関節ならびに脊椎において、軟骨が破壊され、下図のように、骨や軟骨の増殖性変化をきたす変形性関節症(Osteoarthritis; OA)にかかる人が増えています。
  東大病院関節疾患総合研究講座の吉村典子氏らの報告によれば、最近の膝OAの患者数は2,530万人(男860万人,女1,670万人)、腰椎OAは3,790万人(男1,890万人,女1,900万人)と推定されています。
  最初は関節を使いすぎた後の痛みですが、進行すると軽い運動や安静時にも痛み、夜間痛も見られるようになります。
  そして、次第に運動時にコツコツと音がしたり、炎症によって関節が腫れたり、水がたまってきたりします。
  OAの初期には、消炎鎮痛薬を服用したり、痛み止め入りの湿布やテープなどを貼ったりすると症状が緩和されます。
  漢方でも、“しょうが”が関節リウマチやOAに対して使用されている旨の記述がありますが、本当にOAに対して効果があるのでしょうか?
  フロリダ州にあるマイアミ退役軍人医療センターのAltman 氏らのランダム化比較試験(Arthritis Rheum 2001;44(11):2531-8)では、膝OA患者261人を2群に分け、255mgのしょうがエキスに、しょうが科のガランガ(galanga)を加えたカプセルを朝と夕に摂るしょうが群と、ココナツオイルを摂るプラシーボ群において、6週間にわたり、約15m歩いた時の痛みの度合いなどを主観評価しています。
  その結果、歩行後の膝の痛みや硬直感(強ばり)は、しょうが摂取によって有意に緩和されることが分かりました。
  また、イスラエルのテルアビブ大学医療センターのWigler 氏らのランダム化交差比較試験(Osteoarthritis Cartilage 2003;11(11):783-9)では、膝OA患者29人を2群に分け、250mgのしょうがエキスを摂るしょうが群とマルトデキストリン(消化のよい澱粉)を摂るプラシーボ群において、12週間様子を見た後、しょうが群とプラシーボ群を交替し、24週間目からは両群に”しょうが”を割り当て、動作時の痛み、体の安定性、膝の周径について100mmの物差し状の評価用紙(VAS)で主観評価しました。
  その結果、最初の12週では、しょうが群だけでなく、プラシーボ群でもプラシーボによる鎮痛効果で、動作時の痛み(右図)が同じくらい軽減されますが、その後の差は歴然で、しょうがが大幅に痛みを軽減することが分かりました。
  体の安定性も、同様にしょうが摂取でよくなり、また膝周径もしょうが摂取で小さくなりました。
  このように、”しょうが”の継続的な摂取は炎症を引きおこすプロスタグランジンの生合成を抑え、炎症に伴う腫れや痛みを和らげるものと思われます。
  将来、要介護への大きなリスクとなるOAに対しては、しょうが(消炎鎮痛作用)やグルコサミン(軟骨形成作用)の摂取も大切ですが、その症状が出る前に、太っている人は減量し、かつスクワット、ストレッチ、ウォーキングなどで筋肉や関節ならびに骨をしっかり鍛えておくことが何よりも大切です。
  11月13日(金)と27日(金)の午後6時30分から、品川駅近くの高層ビル内で、食事、運動、生姜を主体にした簡単で健康的なダイエット法についてお話ししますので、お近くにお住まいで、時間の空いている人(女性)は参加してみませんか?
  ダイエット講座:『ゆっくり生姜ダイエットin東京』の概要は こちらです。





【第25節】“しょうが紅茶”は新型インフルエンザを予防するばかりか、その他の抗菌作用も!


  最近、紅茶による”うがい(gargle)”でインフルエンザウイルスへの感染をかなり阻止できるという話を聞いたことはありませんか?
  緑茶や紅茶などに多く含まれるカテキン類は抗ウイルス作用をもっており、その作用は緑茶中のカテキン類(特にエピガロカテキンガレート)よりも、紅茶の製造過程でカテキン類から生成(重合)される紅茶特有のポリフェノール(特にテアフラビンジガレート)のほうが2~3倍強力だと考えられます。
  昭和大学医学部の島村忠勝氏らの研究(感染症学雑誌 1997;71(6):487-94)では、約300人を対象に、市販の紅茶を用いて1日2回のうがいをする群と何もしない群に分けて、A型ないしB型のインフルエンザへの感染率を調べました。
  その結果、何もしない(対照)群の感染率は48.8%だったのに対し、紅茶でうがいをした群の感染率は35.1%で、紅茶エキスによるうがいはインフルエンザを阻止しうる可能性を示しました。
  島村忠勝氏らによる別の研究で、紅茶によるうがいは市販のうがい薬よりもはるかに強力で、うがいに用いる紅茶の濃度は、通常飲む紅茶の1/4~1/10程度で、市販のペットボトル入り紅茶で十分だそうです。
  但し、第17節で述べたように、ミルク紅茶はミルク中のカゼインと紅茶のカテキン類が結合してしまうため、カテキン類の抗ウイルス効果は失われてしまいます。
  ウイルスは、右の写真のように、ギザギザの突起物(スパイク)を表面に持っており、スパイク先端部が人体の細胞表面に吸着・結合することによって、体内に侵入し、有害作用を及ぼします。
  予防接種などでの抗体は特定のウイルスにしか防御作用を示しませんが、カテキン類は、どの型のウイルスに対しても、スパイク先端部をブロックする力を持つとされていますので、新型インフルエンザウイルスの予防策としても有用と考えられます。
  但し、紅茶によるうがいでインフルエンザ感染が100%防げる訳ではありませんし、発症してしまってからの効果は認められていないようです。
  そこで登場するのが”しょうが”です。
  第16節で、”煮詰めたしょうが抽出物”は免疫細胞(単球)のマクロファージを刺激し、その活性を高めることによって、ウイルスに対する免疫力(臨戦態勢)を迅速に高めて、間接的にインフルエンザウイルスの増殖を抑えることをすでにお話ししました。
  それに加えて、特に冷え性の人は低体温により免疫細胞のリンパ球(NK細胞、T細胞、B細胞)の割合が減り顆粒球が多くなり、免疫力が弱まった状態にあります。
  そこで、冷え性の人が”しょうが紅茶”を時々摂って体温を36.5~36.9℃の適温に戻し、また適度な運動をする習慣をつけると、リンパ球の割合が増え、かつ細胞へ酸素や栄養を運ぶための血流も改善して、免疫機能、とりわけナチュラルキラー(NK)細胞の活性が高まり、インフルエンザウイルスへの攻撃性が高まります。
  さらに、“しょうが紅茶”の一口目はうがいに用い、残りはふつうにゆっくり飲むようにすると、”しょうが”の主成分であるジンゲロールが、歯を失う最大原因の歯周病菌(Periodontal bacteria)や、胃がんの原因となるヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)を退治してくれたりもします。
  これからの季節、インフルエンザ予防に、マスク、手洗いに、是非”しょうが紅茶”も加えてみて下さい。





【第24節】”しょうがココア”で体全体の血行を良くして、代謝や免疫力を高め、冷えや肥満を防ぎましょう!


  日本人の体温(腋窩温)は生理学の教科書では36.9℃くらいとなっていますが、現代人は36.5℃くらいで、中には35℃台の、いわゆる「低体温」の子供や大人が増えているようです。
  このような「冷え」の状態は、体のエネルギー代謝や血行を悪くし、肥満や浮腫、あるいは凝りや痛みなどを引き起こしたり、免疫機能(病気に対する抵抗力)を低下させたりします。
  現代日本人の「冷え性」は、生来的というよりも、むしろ薄着などの「衣」、生食・冷食などの「食」、エアコン冷暖房などの「住」といった衣・食・住の習慣に起因すると考えられます。
  ニューヨーク州にあるコーネル大学医学部のDu Bois氏らの研究(JAMA 1921;77:352-5)によると、体温(核心温)が1度下がると、基礎代謝は10~13%低下してしまいます。
  ところで、”しょうが”のしぼり汁をココアに入れた”しょうがココア”には冷え性改善効果があるということをご存知でしょうか。
  ”しょうが”は主に体幹部(消化器系)の血行を促進させる効果や発汗作用などが知られています。
  一方、ココアには、フラボノール(flavanols)、一般的にはカテキン(catechin)とよばれる苦み・渋み成分のポリフェノールが多く含まれ、フラボノール(カテキン)は、右図のように、エピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートに分けられます。
  カリフォルニア大学栄養学部のSchroeter氏らの研究(PNAS 2006;103(4):1024-9)によって、ココアが末梢の毛細血管を拡張させ、四肢の血行をよくする作用が知られています。
  これはフラボノール(カテキン)が一酸化窒素(NO)を合成し、皮膚の毛細血管平滑筋細胞を弛緩させることで末梢血管を拡張させ、末梢血流を促進させるからです。
  ドイツ(デュセルドルフ)にあるハインリッヒ・ハイネ大学生物科学・分子生物学研究所のNeukams氏らの研究(Eur J Nutr 2007;46:53-6)では、健常成人女性10人にフラボノール(カテキン)329mgの入ったココア(100mL)を飲んでもらった際の皮膚血流量を経時的に測っています。
  その結果、ココアを飲むと、右図のように、皮膚血流量は約2時間後にピーク(約1.7倍)を示し、4時間後には元に戻ることが分かりました。
  このように、”しょうがココア”を飲む習慣は、”しょうが紅茶”と同様に、体全体の血行をよくすることで体温アップにつながり、冷え性の改善や肥満予防に役立つと思われます。
  では、体温が1度上がって基礎代謝が10~13%高まると実際には、どのくらいエネルギー消費量が増えるのでしょうか。
  たとえば、30~49歳の女性で体重60kgの人の基礎代謝は1,300kcal/日くらいですから、その10~13%は130~170kcalとなり、体温が1度アップすると、一日にコンビニおにぎり1個分くらい余分にエネルギーを消費するようになります。
  また、体重60kgの人が30分間ウォーキングすると、大体126kcal消費しますので、体温を1度アップすると、30~40分間のウォーキングとほぼ同じ量のエネルギーを消費します。
  もちろん、筋肉(骨格筋)は総エネルギー消費量の約60%を消費して、多量の熱を発生しますので、筋肉をつけて基礎代謝を上げることも、当然、冷え性の改善や肥満の防止につながります。
  なお、”しょうが(生姜)”の健康効果について、何かお分かりにならないことがございましたら、分かる範囲でお答えいたしますので、
  電話:03-6801-8158か、またはE-mail:customer@evidenceshop.jpにて、
  お気軽にお問い合せ下さい。





【第23節】”しょうが(生姜)”による「がん」の増殖・転移の抑制メカニズム


  がん(cancer)といえば、最近、男性では肺がん、大腸がん、前立腺がんにかかる人が増える傾向にあり、女性では大腸がん、乳がん、肺がん、膵がんが増える傾向にあります。
  そして、がんで亡くなる人は全死因の約30%(約33万人/年)で、心疾患では約16%、脳血管疾患では約12%となっています。
  多段階発がん説によると、がん細胞から歴としたがんになるには、①発がん物質・放射線・ウイルス・活性酸素などのがん発生要因によって、DNA中のがん関連遺伝子(がん遺伝子やがん抑制遺伝子)が傷害され、その修復が間に合わないこと(イニシエーション過程)、②発がん物質・活性酸素・2次胆汁酸・動物性脂肪・リノール酸・食塩・ホルモンなどのがん促進要因によって、がん細胞の分裂・増殖を早めてしまう過程(プロモーション過程)、③がん細胞集団の中で最も質の悪い集団が大勢を占めてしまう過程(プログレッション過程)の3つの過程を経ると考えられています。
  これらの過程において、慢性化した炎症細胞やがん細胞の内部で、活性化したマクロファージや好中球がTNF-α(tumor necrosis factor-α)やインターロイキン(IL-1, IL-6, IL-8)といった炎症性サイトカインならびにフリーラジカルによって、NF-κB(nuclear transcription factor-κB)という核転写因子を活性化させてしまうと、COX-2(cyclooxygenase-2)という酵素が合成され、プロスタグランジン(prostagrandin-E2など)が大量に作られるようになります。
  プロスタグランジンが大量に作られると、痛みの発現とともに、炎症が悪化し、がん細胞の増殖を促進させたり、がん細胞に攻撃をかける免疫機能の働きを抑えたり、がん組織に栄養を供給するための血管新生が促されるため、がん細胞のアポトーシス(自滅)がうまく行かず、がんの増殖・転移がますます活発になります。
  ところが、”しょうが”の主な刺激(辛味)成分であるジンゲロールやパラドールなどは、がん関連遺伝子の突然変異を抑制したり(イニシエーション阻害)するほか、慢性的な炎症を抑えて、NF-κBやMAPキナーゼ(細胞内増殖シグナル伝達分子)の活性化を阻害することで、COX-2の合成を阻止し、プロスタグランジンを大量に作らせないようにして、がんの増殖・転移を食い止める(プロモーション阻害)ことが、動物を用いた多くの発がん実験やがん移植実験で明らかになっています。
  インド北部のウッタルプラデシュにある産業中毒研究センターのShukla氏らの解説(Food Chem Toxicol 2007;45:683-90)などによると、”しょうが”は胃がん・大腸がん・乳がん・前立腺がん・皮膚がんの増殖・転移を防ぐという、動物実験での報告がなされています。
  ”しょうが”によるがん予防効果についての疫学調査や臨床試験は今のところ見当たりませんが、”しょうが”を時々、食べる習慣はがんの予防には効果があると考えられます。
  たとえば、大腸がんの予防には、”しょうが(生姜)”のほか、ニンニクや、カリフラワー・ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜も有効です。
  また、私の専門のビタミンDも2次胆汁酸(リトコール酸)をCaで中和して腸内の炎症を防ぐので、大腸がんのリスクを最大で半減させます。





【第22節】”しょうが”はワルファリンの作用に悪影響を及ぼさない!


  ”しょうが(生姜)”の血小板凝集阻害能はちょうど低用量アスピリン(商品名バイアスピリン)と同程度で、血液を程よくサラサラにしてくれます。
  ところが、深部静脈血栓症や心房細動などで、経口の抗凝固薬ワルファリン(商品名ワーファリン)を処方されている人が”しょうが”を摂ると、血液サラサラの度が過ぎて出血傾向が助長されるのではないかとの心配があります。
  ワルファリンは血液凝固因子を作るのに必要なビタミンKの働きを抑えることによって血液を固まりにくくするので、ビタミンKを多量に含む食物(納豆・クロレラ・海苔・青汁など)はワルファリンの効き目を弱めてしまいます。
  また、ワルファリンの効果は3~5日間持続するため、その間の飲み合わせや食べ合わせがよく問題になります。
  たとえば、ワルファリンは解熱鎮痛剤(NSAIDs)、抗血小板剤、飲酒などによって作用が強まり過ぎたり、逆に骨代謝改善剤(ビタミンK含有)や抗生物質(リファンピシンなど)によって作用が弱まり過ぎたりします。
  それでは、肝心なワルファリンと”しょうが”では相乗効果があるのでしょうか?
  オーストラリアのシドニー大学薬学部のJiang氏らの研究(Br J Clin Pharmacol 2005;59(4):425-32)では、健常男性12名を対象に、①7日間ワルファリンのみ、②7日間ワルファリン服用後に7日間ワルファリンと粉末ショウガ(0.4g/日)摂取において、プロトロンビン時間-国際標準比(prothrombin time-international normalized ratio; PT-INR)を比べています。
  なお、PT-INRの基準値は大体0.85~1.15で、脳梗塞などでは2.0~3.0にコントロールされることが多く、PT-INRが大きくなればなるほど凝固しにくく、出血しやすい状態になります。
  この試験結果でPR-INRはワルファリンで1.12、ワルファリンと”しょうが”でも1.12と変わらず、ワルファリンと”しょうが”での相乗効果は認められませんでした。
  このように、一日に”生しょうが”5g程度の摂取では、ワルファリンと一緒に摂っても、血液をサラサラにし過ぎて出血傾向を助長するようなことは考えられません。