しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 143
Y 233


【第29節】生姜紅茶を飲んで口臭や歯周病を防ぎましょう!


  歯周病(Periodontal disease)は、下図のように、プラーク(plaque)と呼ばれる細菌の塊(歯垢)が歯の周りにくっつき、やがて歯石となるのが原因で起こり、次第に歯を支える歯肉やその周辺組織に炎症が広がり、悪化すると歯槽骨が溶けて歯がグラグラになり、やがて抜け落ちてしまう病気です。
  厚労省の歯科疾患実態調査(2005年)によれば、歯肉出血や歯石沈着をも歯周病予備軍に含めると、歯周病またはその予備軍の人は、30歳前後の若い世代ですでに約80%、50歳前後の中年層では88%となっています。
  成人が歯を失う最大の原因はミュータンス菌(streptococcus mutans)などによる虫歯(Caries)ではなく、ポルフィロモナス・ジンジバリス菌(porphyromonas gingivalis; PG菌)やプレボテラ・インテルメディア菌(prevotella intermedia; PI菌)などによる歯周病です。
  歯周病は心血管病と密接な関係があり、歯周病菌が腫瘍壊死因子-α(TNF-α)などの炎症性サイトカインをつくり出し、血管壁に炎症を起こし、この炎症部分から動脈硬化、引いては心筋梗塞や脳梗塞にまで発展します。
  そして、右図のように、歯周病になるとインスリンの効きが悪くなり、糖尿病の発症リスクが高まったり、糖尿病になると歯周病が悪化したりするという相互作用もあります。
  さらに、歯周病が舌がん、頭頸部がん、肺がん、膵がん、腎がんなどのリスクを高めることも分かっています。
  歯周病になると、口臭が発生したり、歯を磨くと出血したり、歯がぐらついたりする症状が見られます。
  口臭の原因の約6割が歯周病によるものだそうですが、この臭いの主成分は生ゴミ臭といわれるメチルメルカプタンです。
  韓国の生命工学研究所のLee氏らによる研究(Phytothr Res 2008;22:1446-9)によれば、生のショウガに多く含まれるジンゲロール(10-gingerolや12-gingerol)はPG菌やPI菌などの歯周病菌に対して殺菌効果を有することを明らかにしました。
  ロンドン大学薬学校のTaylor氏らの解説(Food Sci Technol Bull 2005;2:71-81)によると、緑茶や紅茶などに含まれているカテキン類のうち、とりわけエピガロカテキンガレート(EGCg)やエピカテキンガレート(ECg)などのガレート型カテキンもジンゲロール同様、歯周病菌に対して殺菌効果があるそうです。
  インドのラージャスターン大学のJain氏らによる研究(J Ethnopharmacol 1989;27:129-40)では、ショウガの殺菌作用はグラム陰性菌(大腸菌群、サルモネラ属菌、腸炎ビブリオなど、但し緑膿菌には殺菌効果なし)のみならず、頑丈な細胞壁をもつグラム陽性菌(黄色ブドウ球菌、結核菌、炭疽菌、枯草菌など)にも有効だそうです。
  このように、ショウガ紅茶は全身の血行をよくするばかりでなく、歯茎や血管の炎症を抑え、また歯周病や食中毒の原因となる細菌の細胞膜(脂質二重構造)を破壊することによって、口臭抑制や食中毒の防止ならびに歯周病と関連した多くの生活習慣病の予防に大い効果が期待できます。
  そのためには、ショウガとお茶(紅茶や緑茶など)は冬場だけでなく、年間を通して習慣的に摂るようにすると、その相乗効果(synergy effect)が期待でき、健康にとてもよいと考えられます。





【第28節】花粉症の季節にはしっかり、しょうが(生姜)の醤油漬けを食べましょう!


  花粉症(Pollinosis)の人にとっては、下図のように、毎年、早い所で二月上旬から、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目・鼻・喉の痒みなどで苦しむ季節がやってきます。
  花粉症の人は日本国民全体の約20%といわれ、ざっと2,500万人、またダニなどによる通年性アレルギー鼻炎(Allergic asthema)の人は1,500万人と推測されています。
  これらのアレルギー疾患の増加の原因としては、花粉やダニなどのアレルギーを引き起こす抗原(Allergen)の増加と寄生虫の減少、生活環境における抗菌商品や抗生物質などの多用ならびにディーゼル排ガスなどの環境汚染物質の増加によるアレルギー体質化などが考えられます。
  本来、人体には異物の進入を排除する免疫機能が備わっているのですが、無害なはずの花粉を異物として認識してしまうために生じるアレルギー症状が花粉症です。
  花粉症(即時型のI型アレルギー)の発症メカニズムは、右図のように、まずスギやヒノキなどの花粉が鼻などの粘膜に付着すると、見張り番(抗原提示細胞)のマクロファージや樹状細胞が花粉(抗原)を捕まえて、それが異物と判断されると、その情報から2型ヘルパーT細胞(Th2)が量産され、Th2がインターロイキン4(IL-4)を分泌してその情報をB細胞に伝えると、B細胞は花粉に対する免疫グロブリンE(IgE) 抗体を多量につくり始めます。
  そして、IgE抗体が目や鼻や喉の粘膜に多く存在する肥満細胞(マスト細胞ともいう)に付着すると肥満細胞がどんどん肥大化し、新たに侵入してきた花粉と大量に増えたIgE抗体が次々と結合し、とうとう肥満細胞や好塩基球からヒスタミン(Histamine)やロイコトリエン(Leukotriene)やプロスタグランジン(Prostaglandin)などの化学伝達物質(chemical mediators)が粘膜に大量放出され、様々な花粉症症状を引き起こします。
  ヒスタミンは鼻の近くを通る知覚神経(三叉神経)や分泌中枢や痒み神経を刺激するため、くしゃみや鼻水や痒みなどの症状を引き起こします。
  一方、ロイコトリエンは粘膜血管を拡張したり、血管の透過性を亢進したりして、粘膜を腫れ上がらせて鼻づまりなどの症状を引き起こします。
  また、アレルギー反応によって肥満細胞から、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)などの炎症性物質が放出されるとプロスタグランジンが炎症や痛みを引き起こします。
  このような花粉症の予防には、マスクやゴーグルの装着、うがいや手洗いの励行、花粉除去スプレーなどが有効です。
  また、花粉症の症状を抑えるには、内科、耳鼻科、眼科での治療、医薬品、サプリメントなどが有効です。
  たとえば、医薬品やサプリメントには、IgE 抗体の産生を抑えるもの、ヒスタミンやロイコトリエンの働きを抑えるもの、消炎・鎮痛作用によって腫れや痛みを抑えるもの、悪化した腸内環境(免疫細胞バランス)を改善するもの、などがあります。
  以前、ショウガを常用している人から、ショウガを摂っていると膝の関節痛のほか、花粉症による喉の痛みがかなり軽減し、目の赤みや痒みも良くなったという話を聴いたことがあります。
  ショウガ抽出物にはシクロオキシゲナーゼ経路とリポオキシゲナーゼ経路を遮断して、アレルギー、関節炎、発ガンなどの引き金となるプロスタグランジンやロイコトリエンといった炎症促進物質の生成を抑える働きがあります。
  炎症を引起こす黒幕的存在のTNF-αがIgE抗体の産生を促す役割を果たしていることから、TNF-αを抑えればIgE抗体も少なくなると考えられます。
  農業・食品産業技術総合研究機構・野菜茶業研究所の山本万里氏らの研究(Cytotechnogoloy 2007;55:135-42)によれば、下図のように、べにふうき茶のTNF-α抑制率は約40%ですが、ショウガエキスのTNF-α抑制率は何と約70%もあり、べにふうき茶よりもショウガのほうがTNF-α活性阻害作用が強いことが分かります。
  したがって、ショウガは転写因子NF-κBを介してTNF-αをかなり抑え、IgE抗体の産生を少なくするとともに、プロスタグランジンやロイコトリエンを抑えて、鼻や喉の腫れや痛み、目の赤みや痛み、鼻づまりなどを抑えると考えられます。
  また、一つの仮説として、免疫系の前線司令官の役割を果たしているヘルパーT細胞のサブタイプ、1型(Th1)と2型(Th2)のバランスが大事で、Th1とTh2の比率がTh2側に傾き過ぎると、B細胞がIgE抗体を大量につくってしまい、花粉症を発症しやすくなるといわれています。
  このTh1とTh2のバランスをうまくとって花粉症を起こしにくくする身近なものとして醤油や乳酸菌などがあります。
  ヒガシマル醤油(株)の小林万木夫氏の総説(J Bioscie Bioeng 2005;100(2):144-51)によると、醤油には醤油多糖類(Shoyu polysaccharides; SPS)が約1%含まれており、このSPSがTh2側に傾きすぎているヘルパーT細胞のバランスをうまくとることによって、花粉症や通年性アレルギーの諸症状を緩和するそうです。
  大阪大学医学部耳鼻咽喉科の田村学氏らによるランダム化比較試験(Int Arch Allergy Immunol 2007;143(1):75-82)によると、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株(LcS)を含む発酵乳では、花粉症の症状を緩和する効果はあまり期待できませんが、症状の発現を多少遅らせることはできるようです。
  たとえば、外出時にはマスクを付け、食品として生姜の醤油漬けや生姜紅茶などを摂ると、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が緩和されます。
  今すぐに花粉症撃退サプリ『すっきりジンジャー』をご購入される場合には、こちら(クリック)からどうぞ!





【第27節】関節リウマチにも“しょうが”が効くって本当ですか?


  関節リウマチ(Rheumatoid arthritis; RA)は、免疫システムの誤作動によって、自分自身の正常な細胞や組織が免疫システムの過剰な攻撃を受けてしまう、いわゆる「自己免疫疾患」と呼ばれる病気の一つで、遺伝的な要因が30%、環境的な要因が70%くらい関係しています。
  RAを患っている人は、日本人の約0.8%(約100万人)で、男女比は1対4で圧倒的に女性に多く、右図のように、30~50歳代での発病が多く、40歳代にピークがあります。
  RAの初期症状は、関節症状と全身症状で、関節症状は朝起きた時、主に手や足の指の付け根部分の関節の腫れやこわばり、全身症状は微熱やだるさ、あるいは体重減少などです。
  RAは、下図の膝関節で示すように、関節を構成している滑膜[カツマク]に炎症が起きて、ヒアルロン酸などの潤滑成分を関節内部に分泌できなくなるとともに、マクロファージ(白血球の一種)から炎症を引き起こす黒幕的存在の腫瘍壊死因子α(TNFα)などの炎症性サイトカインが持続的かつ過剰に放出されるため、その炎症によって関節の痛みや腫れを起こし、次第に関節部分の軟骨や骨の破壊や変形をもたらします。
  しょうが抽出物にはシクロオキシゲナーゼ経路とリポオキシゲナーゼ経路を遮断して、アレルギー、関節炎、発ガンなどの引き金となるプロスタグランジンE2やロイコトリエンB4といった炎症促進物質の生成を抑える働きがあります。
  プロスタグランジンE2やロイコトリエンB4はn-6系脂肪酸(リノール酸)由来のアラキドン酸からつくられるので、リノール酸の摂取をやや抑えて、”しょうが”を食べる習慣をつけると、RAやOAの予防や、おそらく肌の荒れや乾燥の予防など、美容にも役立つと思われます。
  エジプトのマンソウラ大学医学部のFouda氏らのラットを用いた研究(Basic Clin Pharmacol Toxicol 2009;104:262-71)によれば、しょうが抽出物を1日50mg/kgを26日間、腹腔内投与した場合、関節の痛みや腫れ、関節内の発熱、軟骨破壊などが緩和され、TNFαを含む炎症性サイトカインの血中レベルも下がるそうです。
  そして、しょうが抽出物を1日200mg/kgにすると、外用消炎鎮痛剤インドメタシン2mg/kgよりも効き目があるそうです。
  また、デンマークのオデンセ大学環境医学のSrivastava氏らの研究(Med Hypotheses 1992;39:342-8)では、臨床試験の方法があまり明確に記されていませんが、RA患者28名とOA患者18名に適量のしょうがを取り続けてもらったところ、関節の痛みについて、RA患者では著しく軽減74%、かなり軽減11%、多少軽減4%、変化なし11%であり、OA患者では著しく軽減55%、かなり軽減22%、多少軽減11%、変化なし12%でした。
  “しょうが”の効力は最近のTNFα阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト)には及びませんが、"しょうが"は安価で、ほとんど副作用なしに、RAやOAの関節痛や腫れを和らげてくれます。
  RA になってしまうと、その炎症は関節部分にとどまらず、全身の血管などで動脈硬化が進行するため、比較的若い年代で心筋梗塞や脳卒中といった重篤な心血管病を起こしてしまうリスクがあります。
  RAの予防の観点から、感染症やケガに注意しながら、”しょうが”を摂ることと、日光にあまり当たる機会がない人は免疫系の暴走を調整するビタミンDの摂取も心がけて下さい。