しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 142
Y 233


【第32節】しょうが(生姜)は花粉症の悪の根源、免疫グロブリンE(IgE)の産生も抑える!


  花粉症(pollinosis)やアレルギー性鼻炎(allergic rhinitis)などの即時型アレルギー(Ⅰ型アレルギー)の原因は、一言でいえば、「アレルギーを引き起こす抗原(allergen)に結合して悪さをする免疫グロブリンE(IgE)という抗体を多量に産生してしまうこと」です。
  したがって、何らかの方法でIgEが多量に産生されないようにすればよいわけです。
  Ⅰ型アレルギーの機序は、右図の真ん中のチャートのように、まず花粉やダニなどのアレルギー抗原が体内に侵入すると、抗原提示細胞(マクロファージ、樹状細胞)がその抗原を認識し、Ⅰ型ヘルパーT細胞よりもⅡ型ヘルパーT細胞を多くつくるようになります。
  Ⅱ型ヘルパーT細胞は主にインターロイキン-4(IL-4)という情報伝達物質を介してB細胞にIgEを多量につくるよう指示を出します。
  多量につくられたIgEが、粘膜などに多いマスト細胞(肥満細胞)表面で、新たに侵入してきた花粉と次々に結合すると、マスト細胞が活性化され、①ヒスタミン、②ロイコトリエン、③プロスタグランジンという化学伝達物質(ケミカルメディエーター)三兄弟を多量に放出し、花粉症の諸症状を引き起こすのです。
  【第31節】でお話し致しましたように、ショウガの主要成分の一つであるショウガオール(主に6-shogaol)はマスト細胞に作用して、ヒスタミン(くしゃみ、鼻水、かゆみ)、ロイコトリエン(鼻づまり)、プロスタグランジン(炎症の悪化、腫れ、熱感、痛み)といった花粉症の症状を緩和する働きをし、「日本薬局方」にもその記載があります。
  ところが、最近、ショウガオールではなく、ショウガのもう一つの主要成分であるジンゲロールが花粉症の悪の根源であるIgEの産生を抑えることが明らかになりました。
  フランス国立科学研究センター(CNRS)兼パリ第五大学医学部のAhui氏らによるマウスを用いた研究(Int Immunopharmacol 2008;8(12):1626-32)で、ジンゲロール(主に6-gingerol)は花粉やダニなどのアレルギー抗原が体内に侵入してきてもⅡ型ヘルパーT細胞が多くつくられないようにしていることが分かりました。
  つまり、ジンゲロールはⅠ型ヘルパーT細胞よりもⅡ型ヘルパーT細胞を多くつくるようになっているアレルギー体質の状態から、Ⅰ型ヘルパーT細胞とⅡ型ヘルパーT細胞のバランスがとれた通常体質の状態に戻す働きがあると考えられます。
  その証拠に、右図に示すように、ショウガを摂った場合には、摂らない場合に比べて、実験用アレルギー抗原(OVA抗原)に対する反応で、ショウガ摂取から3日後くらいで、2型ヘルパーT細胞から放出されるIL-4が100%→42%と58%抑制され、IgE産生量も100%→65%と35%抑制されます。
  さらに、花粉症などの即時型アレルギー反応の後に続いて起こる遅発型アレルギー反応である慢性アレルギー鼻炎(chronic allergic rhinitis)やアレルギー性喘息(allergic asthma)などにもジンゲロールが抑制的に働くことが分かっています。
  その証拠は、ショウガを摂った場合には、摂らない場合に比べて、遅発型アレルギー反応を活発にする役目のインターロイキン-5(IL-5)や好酸球(eosinophil)の産生量が少なくなっており、結果的に慢性的なアレルギー性炎症反応が抑えられると考えられます。
  これまでに、私自身を含め、12名のボランティアで花粉症の症状がショウガでかなり緩和されることを実際に確かめておりますので、程度の差こそあれ、花粉症の時期にショウガを上手にしっかり摂れば、花粉症の症状をだいぶ和らげることが可能です。
  やはり、ショウガのチカラは、調べれば調べるほど奥深いものがあり、ときどき「凄いなあ~!」と感嘆の声をあげてしまうほどです。
  今すぐに花粉症撃退サプリ『すっきりジンジャー』をご購入される場合には、こちら(クリック)からどうぞ!





【第31節】しょうが(生姜)は花粉症などのアレルギー性疾患の諸症状を緩和・改善する!


  年が明けると、そろそろ花粉症の季節となり、アレルギー市場は製薬メーカー、衛生用品メーカー、家電メーカー、食品メーカーなど、多くの業種が参入してきます。
  多くの人はマスクとサプリメントの併用で何とかしようと思っているのではないでしょうか?
  花粉症の民間療法で最も利用頻度が高いのは「甜茶」、その次が「ヨーグルト」だそうです。
  確かに、甜茶ポリフェノール(GODポリフェノール)には、炎症を誘発するシクロオキシゲナーゼ(COX-2)という酵素の活性を抑えたり、かゆみ・くしゃみ・鼻水を引き起こすヒスタミンの放出を抑えたりする働きがあります。
  ところが、ショウガにはもっと幅広く花粉症の諸症状を抑える働きがあることが分かりました。
  京都薬科大学の山原條二氏らによるラットを用いた研究(Nat Med 1995;49(1):76-83)によれば、ショウガの主要成分であるショウガオール(6-shogaol)にはヒスタミン遊離抑制作用があるため、ショウガオールを時々摂る習慣をつけると、花粉症によるかゆみ・くしゃみ・鼻水が緩和できます。
  一方、津村順天堂の末川守氏らによるラットを用いた研究(日薬理誌 1986;88:263-269)によれば、ショウガオール(6-shogaol)にはアラキドン酸カスケードのリポキシゲナーゼ(LOX)という酵素を抑制し、鼻づまりの原因となるロイコトリエンの生成を抑えます。
  また、ショウガオール(6-shogaol)はアラキドン酸カスケードのシクロオキシゲナーゼ(COX-2)という酵素の生成も抑え、その作用はインドメタシン(サロメチールなどに含まれる消炎鎮痛剤)に若干劣る程度です。
  ここで、アラキドン酸カスケードについて説明しますと、多量の花粉と多量に産生された免疫グロブリンE(IgE)がマスト細胞(肥満細胞ともいう)に結合すると、マスト細胞内にホスホリパーゼA2という酵素が産生され、これが細胞膜や核膜のリン脂質に作用するとアラキドン酸が遊離されます。
  そうすると、アラキドン酸を原料にして、上記のCOXやLOXなどの化学伝達物質(chemical mediators)が滝(cascade)のように生成されて、細胞外に分泌され、炎症の悪化や鼻づまりなどを引き起こします。
  また、マスト細胞は別のルートで顆粒物質のヒスタミンを細胞外に分泌するため、かゆみ・くしゃみ・鼻水などを引き起こします。
  生のショウガを加熱すると増えてくるショウガオール(6-shogaol)には、このようにヒスタミン遊離抑制作用、抗ロイコトリエン作用、消炎・鎮痛作用のすべてを持ち合わせているため、ショウガは花粉症の対症療法に欠くことのできない食材なのです。
  そこで、真冬の鍋料理だけでなく、春の花粉症の季節にも鍋料理やショウガを加熱した料理または飲料を摂ることで花粉症の症状をかなり緩和・改善できると思われます。





【第30節】新発見!しょうが(生姜)の抗酸化作用、消炎・鎮痛効果、抗腫瘍効果はジンゲロールよりもショウガオールのほうが強力


  生活習慣病をはじめとする現代病の原因のおよそ90%に過剰な活性酸素が関与しているといわれています。
  私たちが毎日吸っている空気はその約21%が酸素で、体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。
  ところが、体内に入った酸素の2~3%は酸化して活性酸素(active oxygen)となり、核酸・タンパク質・脂質などの細胞構成成分を錆びついた状態にしてしまいます。
  細胞構成成分が錆びついてしまうと、その正常な働きが失われ、糖尿病、ガン、動脈硬化などの生活習慣病や、肌のシミ、しわや白髪などの原因にもなります。
  抗酸化作用(antioxidant effect)とは体内の細胞構成成分の酸化を抑えて錆びつかせないようにすることで、それには活性酸素(フリーラジカルより広い意味での悪玉酸素)を取り除く必要があります。
  活性酸素は加齢によって発生量が増えてきますが、右図のように、不規則な生活習慣、タバコ、電磁波(含.紫外線)、肥満、ストレス、過激な運動、食品添加物や環境汚染物質といった有害化学物質などによっても増加します。
  この活性酸素の攻撃から体を守る働きをする物質のことを抗酸化物質(scavenger)といい、それには体内でつくられる抗酸化酵素(スーパーオキシド・ジスムターゼ, グルタチオン・ペルオキシダーゼ, カタラーゼ)のほか、抗酸化ビタミン(βカロテン, ビタミンC, ビタミンE等)、植物活性化学栄養素(ジンゲロール, ショウガオール, カテキン、リコピン等)などがあります。
  では、ショウガの主要成分であるジンゲロール(gingerol)とショウガオール(shogaol)では、どちらが抗酸化作用や消炎・鎮痛効果などに優れているのでしょうか?
  インド(アンドラプラデシュ州)にあるアンドラ大学薬学部のDugasani氏らの培養実験(J Ethnopharmacol 2009;On-line)によると、総合的な抗酸化能(anti-oxidant effect)は、6-ショウガオール>10-ジンゲロール>8-ジンゲロール>6-ジンゲロールの順で、いずれもきれいな濃度-効果曲線となっています。
  たとえば、6-ショウガオールの活性酸素消去能は6-ジンゲロールの3.3倍、ビタミンEの3.4倍でした。
  このように、生ショウガを加熱することによって6-ジンゲロールの一部を6-ショウガオールに変えると、抗酸化能がより高まります。
  したがって、秋から春にかけては是非、加熱したショウガをとるようにすると体も温まり、免疫力も高まり、さらに活性酸素の害を防ぐ効果も高まります。
  一方、細菌やウィルスなどの病原体を攻撃し、それを撃破する役割のマクロファージや好中球の中で、ジンゲロールやショウガオールは核因子カッパB(nuclear factor-kappa B; NF-κB)という核転写因子(遺伝子のスイッチを入れるタンパク質)の活性を抑えることによって、炎症やがん化を加速させてしまう誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)やシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)の合成を抑え、急性ないし慢性の炎症を防ぐ働きをします。
  マクロファージや好中球の中で、iNOSが合成されると、一酸化窒素(NO)というフリーラジカルが産生され、炎症反応を増幅させてしまいますが、ショウガの主要成分のNO産生抑制効果は6-ショウガオール>8-ジンゲロール>10-ジンゲロール>6-ジンゲロールの順でした。
  また、マクロファージや好中球の中で、COX-2が合成されると、プロスタグランジン-E2(PG-E2)をつくりだし、炎症反応を増幅させてしまいますが、ショウガの主要成分のPG-E2産生抑制効果は6-ショウガオール>8-ジンゲロール>10-ジンゲロール>6-ジンゲロールの順でした。
  さらに、ニュージャージー州にあるラトガー大学薬学部のSang氏らの培養実験(J Agric Food Chem 2009;57(22):10645-50)によると、ヒトの大腸ガン細胞や肺ガン細胞において、やはり6-ショウガオールのほうが6-ジンゲロールよりも18倍ほど強力にNF-κBの活性化を抑え、ガン化した細胞の増殖を拒みつつ、アポトーシス(細胞の自滅)感受性を高めて、ガン細胞を消滅の方向に誘導します。
  このように、抗酸化作用、NO産生抑制ならびにPG-E2産生抑制による消炎・鎮痛効果ならびに抗腫瘍効果を期待してショウガをとる場合には、生ショウガよりも、加熱したショウガを摂ったほうが効果的と考えられます。