しょうが健康法

正しいダイエット法

オリーブオイル健康法

商品購入

会社概要

T 143
Y 233


【第62節】ショウガは卓越したダイエット食材です-身近で安価で保証付き-


  食事の最初にショウガ(生でも乾燥でも可)を摂ると、ショウガが摂取した脂肪の腸管での消化・吸収を抑え、エネルギーの摂りすぎを防ぎます。
  熊本県立大学の韓氏らの研究(YAKUGAKU ZASSHI 2005;125(2):213-7)では、マウスを15匹ずつ、普通食群、高脂肪食群、高脂肪食+ショウガ抽出物1%群、高脂肪食+ショウガ抽出物3%群の4群に分け、各群とも約18.5gの体重が8週間後にどれだけになるかを調べました。
  その結果、右図のように、普通食群は32.5g、高脂肪食群は43g、高脂肪食+ショウガ抽出物1%群は37.5g、高脂肪食+ショウガ抽出物3%群は36gとなり、高脂肪食群に比べ、ショウガ摂取により8週後の体重増加が13~16%抑えられました。
  桐生短期大学の榮氏らの研究(桐生短期大学紀要 2006; 17: 11-17)によれば、ショウガは乾燥重量1g(生ショウガ10g相当)の水抽出物でも、90℃2時間加熱した油抽出物でも、膵リパーゼ(脂肪分解酵素)活性を有意に阻害しました。
  つまり、ショウガは日常的に摂れる量で、腸管での脂肪の消化・吸収を抑えることができます。
  また、同氏らの別の研究(桐生短期大学紀要2005; 16: 13-17)では、緑茶は烏龍茶よりも膵リパーゼ活性阻害作用が強く、また緑茶には濃度依存性(濃いほど作用が強い特性)も見られることを明らかにしています。
  太りたくない人は、特に脂っこい料理を食べる際、「ショウガ緑茶」を摂ると、烏龍茶よりもはるかに肥満防止に役立ちます。
  BMI25以上で肥満防止だけでなく、ショウガでダイエット(減量)を目指そうという人は、しっかり加熱・乾燥したショウガを摂ってから有酸素運動をすると効果的です。
  加熱・乾燥したショウガは、主要成分のジンゲロールが減り、相対的にショウガオールやジンゲロンが増えています。
  ショウガオールやジンゲロンは交感神経活動を高めるとともに、副腎髄質ホルモン(脂肪分解ホルモンともいう)であるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌量を増やし、これらがホルモン感受性リパーゼ(HSL)による脂肪細胞中に溜まった中性脂肪の分解を促して、筋肉(遅筋=赤色筋肉)で燃えやすい遊離脂肪酸に変えるため、加熱・乾燥したショウガを摂った後の有酸素運動(aerobic training)で糖に代わり脂肪が優先的に燃やされます。
  ただし、有酸素運動をしなければ、遊離脂肪酸は中性脂肪となって、また脂肪細胞中に戻ってしまいます。
  さらに、私(平柳要)たちの研究(人間工学 2009; 45(4): 236-41)で、ショウガは摂取後3時間くらいまで、人でのエネルギー消費量を高めることも分かりました。
  なお、11月9日(火)の夜、日本テレビ系「魔女たちの22時」に登場した田中啓子さん(右写真中央)は、ショウガダイエットで、113kgあった体重を52kgへと61kg減らすのに成功しています。
  このように、「ショウガダイエット」は、健康的で経済的でエビデンス(科学的根拠)もあり、誰にでも楽々できる超簡単おすすめダイエット法なのです。
  もちろん、一日の食事量がオーバーカロリーの人は、食事の量や品目を見直して標準カロリー以下でバランスのよい食事にすれば、ダイエット効果と健康促進効果はさらに高まります。





【お知らせ】TBSテレビ系列の「はなまるマーケット」において『ウルトラしょうが』について解説します



2010年11月9日(火)、TBSテレビ系列の「はなまるマーケット」(8:30~9:55)において、8:40頃からの「とくまるコーナー」において、『ウルトラしょうが』のパワーならびにそのつくり方などが紹介されます。
  『ウルトラしょうが』とは、8月25日に、NHKの「ためしてガッテン」で紹介された、しっかり加熱ないし乾燥したしょうがのことで、特にカラダ全体を温める効果が高いしょうがです。
  生のしょうがには、ショウガオールという成分よりもジンゲロールという成分のほうが数倍多く、生のしょうがを加熱ないし乾燥することで、ジンゲロールの一部がカラダの芯を温める効果の高いショウガオールに変化します。  
  したがって、加熱ないし乾燥したしょうがには、末梢の血管を拡げて血行をよくするジンゲロールと、カラダの芯を温めたり心臓から送り出す血液の量を増やしたりするショウガオールがほどよい割合で含まれることになり、カラダ全体がポカポカと温まります。
  「しょうが紅茶」や「しょうがココア」などの嗜好飲料では、生のしょうがをしっかり温めて飲むと香りがよくておすすめですが、いろいろな和洋スープや料理に使うのであれば、『ウルトラしょうが』がおすすめです。

  また、11月9日(火)の午後10時から、日本テレビ系列の「魔女たちの22時」において、113kgあった体重が「しょうがダイエット」で、61kg減の52kgになった魔女(田中啓子さん;28歳)が登場し、驚愕の変身ぶりを披露します。
  「しょうが」で痩せるメカニズムなどは、平柳要(食品医学研究所・所長)が番組制作スタッフにお教えし、その一部がナレーションに使われました。
  「しょうがダイエット」にご関心のある方は是非、その変身ぶりをご覧になってください。
  
  なお、11月15日(月)の朝日新聞の夕刊に、「しょうが」関連の記事が掲載される予定ですので、朝日新聞の夕刊をとっている方はご覧になってください。

  食品医学研究所では、高知県四万十町産のしょうがをベースに、ショウガオールとジンゲロンを増やして、体あたため効果と脂肪の分解・燃焼効果をより高めた「冷え改善」&「ダイエット」用の『ウルトラしょうが』を近日中に、「エビデンスショップ」にて、発売します。
  また、『ゆずが効く!』(主婦と生活社)の11月19日出版に合わせて、ゆずの味と香りを凝縮した飲料ないし料理用の高知県産の無農薬ゆず『パワーゆず』と、料理や薬味などに適した徳島県産の無農薬ゆず『ピュアゆず』も近日中に、「エビデンスショップ」にて、発売します。
  さらに、ビタミンCたっぷりの「ゆず」と一緒にコラーゲンを摂っていただくと、皮膚や骨・関節でのコラーゲンの形成が高まるため、魚由来のコラーゲンペプチド『基礎コラーゲン』も近日中に、「エビデンスショップ」にて、発売します。
  
  まずは、いくつかのお知らせまで。

  なお、食品医学研究所が運営する『エビデンスショップ』のブログへはこちら[クリック]からどうぞ。





【第61節】ショウガで学習記憶能力の向上や認知症の予防・改善が可能!


  認知症(Dementia)の人は、第43節で述べたように、すでに226万人に達しています。
  認知症の中で、アルツハイマー型が過半数を占め、これにレビー小体型や脳血管型が続きます。
  アルツハイマー型の認知症では、新しい記憶を一時保存する「海馬」が最初に損傷するため、とりわけ右イラストのような新しい物事をすぐに忘れてしまいます。
  脳神経細胞の中のミトコンドリアで発生する活性酸素や過酸化脂質(酸化した脂肪)による酸化ストレスで脳が障害されると、最初に海馬の辺りから細胞が死んで行き、そのスピードがふつう以上になると、アルツハイマー型認知症の発症リスクが高くなります。
  アルツハイマー型認知症のモデル動物において、酸化ストレスの防御システムが破壊されると、アミロイドβ蛋白(脳のゴミ)の沈着が促進され、ミトコンドリアの機能障害が引き起こされ、神経細胞に変性が生じます。
  また、神経細胞と神経細胞のすき間(シナプス間隙)で放出される神経伝達物質のアセチルコリンが、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)という酵素によって、はやく分解されてしまうと、脳の機能が低下します。
  アルツハイマー型認知症の治療薬「アリセプト」は、アセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することでシナプス間隙のアセチルコリン濃度を高めて、症状の進行を食い止めます。
  最近の研究で、ショウガ成分には、酸化ストレスや炎症反応を抑える働きと、アセチルコンエステラーゼ活性を阻害する働きがあることがわかりました。
  韓国の釜山大学(PNU)薬学部のKim氏らの研究(Exp Gerontol 2010, 45(6): 419-26)では、生ショウガを加熱すると生成されるジンゲロン(Zingerone)には、NF-κBという転写因子(遺伝子の発現を調節する蛋白質)の働きを抑えて、酸化ストレスや炎症反応を促進させてしまう誘導性一酸化窒素合成酵素(iNOS)やシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)を不活化する働きがあることを明らかにしました。
  したがって、ジンゲロンはアルツハイマー型認知症のほか、心血管病、関節痛、糖尿病、骨粗鬆症、ガンなどの加齢に係わる多くの炎症性疾患に対して、その炎症を抑えることにより予防効果を発揮します。
  インドのグル・ジャムベシュワール(Guru Jambheshwar)大学薬学部のJoshi氏らの研究(Afr J Trad CAM 2006; 3(1)-64-74)では、若年マウスと老年マウスを対象に、8日間、水のみを与えた対照群とショウガ粉末抽出物を与えたショウガ群において、記憶・学習の能力を調べる高架式十字迷路課題(elevated plus maze task)などをやらせて、その成績(スコア)を比較しました。
  その結果、ショウガ粉末抽出物を1日あたり50mg/kg体重ないし100mg/kg体重を与えた場合、対照群に比べ、すでに1日後から、若年マウス(上図)でも、老年マウス(中間図)でも、成績が良くなりました。
  また、スコポラミン(scopolamine)は記憶・学習の能力を低下させますが、スコポラミン0.4mg/kg体重とショウガ粉末抽出物100mg/kg体重の両方を若年マウスに与えると、対照群以上に学習・記憶の能力が良くなりました(上図)。
  さらに、老年マウスに抗けいれん薬のフェニトイン(phenytoin)12mg/kg体重を与えると脳内のアセチルコリンエステラーゼ濃度が増加しますが、ショウガ粉末抽出物を与えると、ピラセタム(piracetam)200mg/kg体重を与えた時のように、脳内のアセチルコリンエステラーゼ濃度が減少して、記憶・学習の能力が低下するのを抑えることもわかりました。
  これらの動物実験から、加熱乾燥したショウガ粉末を日常的に摂取すれば、その抗酸化(活性酸素除去)・抗炎症作用やアセチルコリンエステラーゼ活性阻害作用ならびに神経保護作用による記憶増強で、アルツハイマー型認知症の予防や症状の進行抑制が可能になると思われます。
  まさに、ショウガは加熱することで記憶回復を促進する食材に変身するため、若い人は記憶・学習能力の向上のため、熟年の人には認知症、とりわけアルツハイマー型認知症の予防や進行防止のため、是非、ショウガ生活をおすすめします。
  食品医学研究所では近々、エビデンスショップにて、天日干しと遠赤外線加熱でショウガオールとジンゲロンを増やした『ウルトラしょうが』パウダーを販売いたします。